※「リタイア?」のコラムにも出てきたバイトに関するコラムです



大学祭が押し迫る11月半ば、一通のメールが私のところに届いた。

気になる内容は


「誰か、パン屋でバイトをしたい人を知りませんか?

 マジ人手不足で、この前、オーバーワークで倒れました・・・」

何とも、切羽詰った内容である。

中学校来の大事な人ということもあり、その相談に乗る事に。

方々に連絡をとっても、Yesと応える友達はいなく

「薄々感じてはいたが、ここで恩を返すべきだ!!」

と、自らがバイトへ行く事を決意

この先、就職活動、卒業研究等の障害が立ちはだかっている事を解っているにも拘らず

大概の人に言わせれば"バカじゃないの!?"とか、"何、考えてるの?"や"無謀"と

言われるのは重々承知の上

しかし、「誰かに頼りにされる事」なんて、生きている中でよくある事ではなく

こんな薄汚れた人間なので、自分の事より他人のほうが100倍大事

頭数あわせでもいいから、力になりたい

そんな、考えからのバイト開始

また、卒業単位も取得し、学校生活がマンネリ化を生みそうな、嫌な予感がありました。

ここで自分を崖っぷちに立たせるようなアクションを起こし、常に危機感を持ちつつ

生活したほうが、腐らないで済むとも思いました

また、バイト先に面接に行ったときは、あまりの客の多さに

「嗚呼、死地に送り込まれた・・・」

というのが第一印象でした



で、バイト先ですが、名前は明かしたくありません・・・w

なんか、恥ずかしくてねぇw

ただ、作業は、と言うと"たかが、バイト"と思っていると痛い目を見ます

個人個人に掛かってくる責任は予想以上に大きいし、その点ではイベント関係の仕事と

同じような、高いモチベーションを持って作業が出来るのは良いポイントだと思いますし

その分、遣り甲斐や達成感もあります

慣れないと疲労感が半端無いですけどねw



現在はと言うと、11月の終わりから働き始めたので、慣れた面もあり至らない部分も

ありつつバイトを続けております

また、このバイトに引きずり込んだ張本人はバイトを辞めてしまったのですが

その相手を恨むことなく、笑顔で送り出せたのは自分の中でプラスになりましたv



僕が、誰かに


「幸せか?」

と聴かれることがあれば

「幸せだ」

と、即答できる自信があります

それは、こんな人間の一部でも必要としてくれる人や場所があり、尚且つ

評価してくれる人や場所があるという事実だけで充分だからです

以前から考えていた"自分の幸福"の中に身を置けている事と、またバイト先の出来事の

中から学んだ事は多く、その中で「自分から評価を貰おうとしない」と言うのは

大きい教訓だと思います

僕にとっては、100億の金より必要としてくれる人がいれば幸せですよ

お金がなくて不幸だ、なんて人間は、お金を持ってても不幸

お金なんて生きていける分だけで充分だと思うし、使いきれないくらいの巨額な大金を

持て余している方が、よっぽど不幸だと思いますしねw



そんな"幸せ"の中にいる僕ですが、始まりがあれば終わりがあるのは必然で

来年の4月からは企業に就職し、バイト先を離れます

ここでの課題は、その企業や仕事の中で必要としてくれる人を見つけるという

"幸せ"探しなのかもしれません

やりたい事が仕事になっているだけでも、幸せなのかもしれませんがw



ただ、仕事以外でも必要としてくれたり、こんな人間に好印象を持ってくれる方々が

幸いにもいらっしゃるので、僕は幸せですよv